人生に閉塞感を覚えたら古典を読もう

 「古典」と聞くと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか。

 

 難解で複雑?

 古臭い考え方の人が書いた古臭い本?

 学校で無理やり勉強させられるよくわからない文章?

 

 そのように思われる方が多いでしょう。

 しかし、実際の古典は、書店で平積みされているビジネス書や自己啓発本なんかよりずっと人生に役立つ、人類の叡智の結晶です。

 なぜ古典が素晴らしいのか?僕なりに考えたその理由を2点挙げさせていただきます。

 

 

1:古典は名著しかない

 いきなり論理が全盛期の池谷直樹並みに飛躍しているような気がしますが、これは紛れも無い事実です。

 現在も読まれている古典というものは、全て時代の変化による淘汰を経てもなお残った作品ばかりです。

 1000年、2000年も前に書かれたにもかかわらず、それらの作品は現在においても輝きを失っていない本物の名著です。

 確かに、現代の本でも名著と呼ぶにふさわしい優れた作品は多々あります。しかしそのうち、一体何冊が100年後でもなお多くの人間に読まれているでしょうか?

 今の名著と、古典の名著はその「名著度」が段違いなのです。

 

 

2:古典は簡単に手に入る

 古いものは価値がある。これは何も書物にかかわらず、美術品やジーンズでも同じです。

 もっとも、それらと古典の間には大きな違いがあります。

 それは「手に入れやすさ」です。

 アンティークの美術品やヴィンテージジーンズなどは、どれもその希少価値ゆえに大変高価です。

 しかし、古典はそこいらの本屋で安価で買うことができます。

 「論語」も「徒然草」も「ツァラトゥストラかく語りき」も、ジュンク堂の文庫コーナーに行けば1000円以下で手に入ります。図書館に行けば、その買い物すら不要です。

 また、「青空文庫」というサイトに行けば、著作権が切れた作品を無料で閲覧することができます。

 

 

 どうです?古典を読みたくなってきませんか?いま自分の人生に行き詰まりを感じている人は、目につくタイトルの本(「5秒で◯◯できる本」「成功できる◯◯の法則」等)に近視眼的に飛びつく前に、偉大な先人が残してくれた遺産を読んでみてはいかがでしょうか。