「レッテル貼り」の定義について 第1回

 人間の祖先によって言葉が作られて以来、この世界の事物にはありとあらゆるレッテルが貼られている。

「40代男性が日本を潰す」「ざるそばをすすれない奴は何をやってもダメ」「イギリス人は毎日タイヤを食べている」……

 

 そこで、このシリーズではレッテル貼りについて考えてみようと思うんや。是非とも「こんなブログ読むだけ無駄やんけ!」というレッテルを貼らずにねっとりと読んで欲しい。

 

 そもそも、「レッテル貼り」とはなんやろか。 大辞林によると、「レッテルを貼る」の定義は

「主観に基づいて一方的に評価・格付けしたり,分類したりする」と書かれている。

 

 

 

例えば、

 

「童貞はセックスをしたことがない」

 

 この文章はレッテル貼りと呼べるやろうか?

 これは、レッテル貼りの定義を相当広くしても絶対に引っかからない文章やね。これはカントがいうところの「アプリオリな分析判断」や。主語である「童貞」の中に「セックスをしたことがない」という成分が含まれているんよね。アプリオリって何?みたいなこと聞かんといてな。俺にもよくわかってないから。

 

 では次の文章はどうやろか。

 

「このブログの筆者は童貞だ」

 

 これは、場合によってレッテル貼りかどうかが分かれそうやね。

 厳正な科学的研究によって俺が童貞であることが発覚した場合、この命題は真と言えるやろね。でもこの文章はさっきの「童貞はセックスをしたことがない」と比べると、厳密な論理としては飛躍が存在するよね。たとえ世界中の人間がそれが真である(つまり俺が童貞であること)を知っていたとしても、論理的に「このブログの著者」という概念に「童貞」という成分が含まれていることは明らかではないからね。

 

 カントはこのような述語論理で説明される真理を、「アプリオリな総合判断」と呼んだんや。そしてカントは「学問が新しい知識を生むなら、それは総合判断である」と言及してるんよね。まあ、学問的に正しい判断なのであれば、議論するに値する文言であり、レッテル貼りではないということは言えそうやね。

 

ひとまずここで、レッテル貼りの定義について次のことが言えるね。

 

アプリオリな分析判断は、レッテル貼りではない

アプリオリな総合判断も、レッテル貼りではない

 ・「このブログの筆者は童貞だ」という文言は、俺が童貞であることが自然科学的な事実であると実証されたならば、レッテル貼りではない

 

ただ、これだけの条件では「1+1=2だ」「小学生は皆小学生」とかしか言えなくなるから、もう少し条件を拡張する必要があるね。

 

 

とりあえず今回はここまでや。

 

追記:第2回は無いで。