大阪の夏は暑い

 ことブログの世界においては俺は「天才」と一目置かれているんやけど、最近ちょっと困ったことがあるんよね。

 

 ブログのネタが一切思いつかないんよ。

 

 やれ、一月に100万PVだのという数字を叩き出している人気ブログを見ていると分かるんやけど、ブログのPVを増やすには「沢山記事を書くこと」がまず必須条件なんよね。

 いくら「神に愛されたブロガー」とまで称された俺でも、ブログの世界で重要なのは質より量。少数精鋭で大軍を迎え撃つテルモピュライの戦い的なことはどうやっても無理なんよ。

 

 だから、これからそばつゆ一気飲みブログのPVを10垓(がい)以上にするためには、兎に角記事を書かねばならん。

 そこで、酷暑のせいで大脳新皮質がふやふやになってしまった俺は、清少納言に助言を請うことにしたんや。

 

 清少納言といえば、ご存知「枕草子」の作者。日本の文学史上に名を残す人やね。

 

 「枕草子」の内容は大きく分けて「随筆、評論(随想章段)」「日記(回想章段)」「テーマに沿った単語の羅列(類聚章段)」の3つなんやけど、随想の中に評論文が入り混じっているのは現代のブログに近いものを感じるね。

 

 ところで、清少納言平安時代に文庫本一冊分程度のブログを書いたわけやけど、これってものすごい大変やことやと思うねん。

 だって平安時代の貴族ってめちゃくちゃ暇やで?ネットもテレビも雀荘も無く、やることと言ったら和歌書くくらいやで?もし俺が平安時代の貴族だったら、日記に「うんこめっちゃ出た」とかしか書けないと思う。

 せやから同時期に活躍した紫式部の方がまだ理解できるんよ。小説っていうのはとどのつまりファンタジーやから、いくらでも想像で書ける。むしろ何も無くて暇な時間が多い人の方が沢山想像力を働かせることができるからね。

 

 で、なんで清少納言はそんなクソつまんない生活の中で随筆を書き上げることができたかって考えると、「類聚章段」のおかげのような気がするんよ。

 類聚章段、通称ものづくしは、あるテーマに沿って単語を並べるだけっていう超単純な構造なんよ。それゆえ簡単だから入試問題なんかでは一切取り扱われることはないけど、実際枕草子を読むと結構このものづくしが登場するんよね。

 例えば、23段「たゆまるるもの」

 たゆまるるもの。精進の日の行ひ。遠きいそぎ。寺に久しくこもりたる。

(現代語訳)

怠けがちなもの。

精進の日のお勤め。遠い予定のための準備期間。お寺に長く籠って修行すること。

 

 こんな感じで、清少納言は随想章段や回想章段のネタが思い浮かばない時に、比較的労力の少なくて済むものづくしでお茶を濁したんちゃうかな。

 せやから俺も清少納言の力を借りて、ブログに書くことが無い時はものづくしで誤魔化そうと思う。

 

 

興奮するもの。

テスト当日の警報。山田勝己のそり立つ壁挑戦。cv.植田佳奈。cv.伊藤美紀。cv.田中理恵。うんこめっちゃ出た時。

 

 

以上