「三角食べ」はウソ!本当に適切な食べ方とは

まあ、ご飯の食べ方といってもいろいろある。

中でも、その食べ方や注文内容によって、最もその人の個性が分かれるチェーン店といえば、ご存知やよい軒に他ならない。

 

現在、俺はやよい軒の食べ方によって9パターンの自己分析ができる「ヤヨイグラム診断テスト」というものを作っている。完成にはあと8年ほどかかるが、これができた暁には俺は億万長者となり、二度とやよい軒に足を運ばない人生を送れるだろう。

そこで、まだ完成はしていないものの、ヤヨイグラム診断の一部をお見せしようと思う。

 

まずは、やよい軒に行く時間帯だ。

これによって、「昼やよい」か「夜やよい」の二パターンに分かれる。

昼やよいは、主にパチンコの合間に来る客が多い。対して夜やよいは、パチンコ帰りの客が大半を占める。

ここで気をつけたいのは、同じパチンカスでも、昼やよい型パチンカスと夜やよい型パチンカスでは全く指し示す意味が違うということだ。

本来、パチンコとは還元率30%を切る「負けるべくして負けるギャンブル」である。昼ならまだしも、夜にやよい軒で晩飯が食えるほどの金を残しているパチンカスなど本来いないのだ。

つまり、夜やよい型のパチンカスは、パチンカスの中でも奇跡的にパチンコで勝つことができた者。圧倒的勝ち組のパチンカスである可能性が高いのである。しかしながら、パチンカスとは得てして負け組である。勝ち組でありながら負け組になる運命を背負うことになるアンビバレンスな行為、それが夜やよいなのである。

 

次に注目すべきが、頼むメニューである。

「4種のチーズハンバーグミックス定食」や「特盛厚切りカルビ定食」を頼む客は、間違いなくブルジョワジーだ。彼らはその財力を生かし、ご飯のおかわりを一切せず、定食について来るポテトを残すというカルロスゴーンのような食べ方をする。

おそらく彼らは圧倒的支配者層であり、イルミナティメンバーであり、新世界秩序を作ろうとしているグローバリストに違いない。俺が昨日覚えた英単語を何一つ覚えていないのも、おそらく奴らの電磁波攻撃を受けているからだろう。

対照的に、「鯖の塩焼き定食」やサイドメニューしか頼まない客は、全財産が700円しかないのにやよい軒に来た狂人である可能性が高い。関わり合わないことをおすすめする。

 

本当はまだまだ項目があるのだが、これ以上書いているとその間にやよい軒の味噌汁が冷めてしまうので、ここまでにしておこう。

 

 

僕は元気です。